あいうべ体操は歯周病予防だけでなく全身にも効くらしい

2018-01-31

冬になって乾燥して唇が渇く

リップクリームが必要ですね

 

唇がカサカサ、前歯だけ歯肉炎になります

これがなかなか治りません

こんな場合は口呼吸の可能性が高い!

 

口呼吸というのは口で呼吸することで

鼻からの呼吸をほとんどしないことです

 

すると口がぽか~んと開いていることが多い

鼻を使っていないので通りが悪く

鼻の炎症を起こしていることも多いのです

もちろん口臭の原因にもなります

 

これには『あいうべ体操』をやるのが一番!

 

博多で内科医をしている今井一彰先生

作られた体操です

*今井一彰著 口の体操あいうべ マキノ出版より

やり方は簡単!

「あ~」 :大きく口を開けながら

「い~」 :口をよこに広げて

「う~」 :口をとんがらして

「べ~」 :舌をおもいっきり出す

 

これを一日30回やるのです

すると口の周りの筋肉が付きます

口を閉じやすくなるのです

 

そして

口テープ

*今井一彰著 口の体操あいうべ マキノ出版より

夜寝る時に口を閉じてテープを貼ります

サージカルテープが一番良いです

 

口に貼って寝るとはずれたりします

それでもOKです!

しかし、

根気よくやっていると

だんだんテープが朝起きても残ってきます

口を閉じて眠っているからです

 

そうなると、睡眠の質も上がります

朝の寝覚めが良いのです

なんと!免疫力もアップするんですよ!!

 

歯周病も治ります

その他の病気はこの本を読んでください

参考文献

今井一彰著 口の体操あいうべ 

マキノ出版ムック「壮快」特別編集

 

院長 高崎真一

 

今井一彰先生のあいうべ体操のHP

あいうべ体操で口呼吸を鼻呼吸に改善


カテゴリー 未分類