’インプラント’ category

大阪開催の日本口腔インプラント学会にお手伝い

2018-09-28

9月の中旬に日本口腔インプラント学会学術大会に行ってきました

180915インプラント学会大阪03 225x300 - 大阪開催の日本口腔インプラント学会にお手伝い

今年は中之島の大阪国際会議場で

行われました。

歯科医師の会員数もダントツに多い

一番大きな学会の一つです

他の学会に比べ開業医の数が多いのです

 

インプラントの多くは大学病院より開業医が

多く埋入していますし、開業医の先生でも

新しい手術法や研究をやっている先生が多い

分野です

 

大学の先生は臨床的なことより基礎的研究

が多いのです

 

所属している大阪口腔インプラント研究会

は会長がこの学術大会の副大会長なので

お手伝いをすることになりました

180915インプラント学会大阪01 300x225 - 大阪開催の日本口腔インプラント学会にお手伝い

なかなか盛況です

テーマも「超高齢社会への責任」と最近の

超高齢化社会に根差したテーマです

180915インプラント学会大阪07 300x225 - 大阪開催の日本口腔インプラント学会にお手伝い

パーソナリティの超有名人浜村淳さんも

「幸せをさがして」という講演をされました

残念ながらスタッフだったので聴きに

行けませんでした

180915インプラント学会大阪08 225x300 - 大阪開催の日本口腔インプラント学会にお手伝い

さて

何のお手伝いかというと照明係です

 

スライドが始まると電燈を消し

スライドが終わると電燈をつける

 

いたって単純な作業です

 

いつもなら学会会場で自分の興味ある

発表をチェックして10会場をうろうろ

するのですが、今回は一会場をじっくり全部

聴きました

一つのテーマを掘り下げるのも

なかなかいいものだと思いました

 

院長 高崎真一

 

 


カテゴリー インプラント, 学会・研究会

抜歯にはXツールという秘密兵器がある

2018-01-26

通常

抜歯する時はペンチのようなもので抜くと思っているでしょう

ペンチのようなものは抜歯鉗子といいます

抜歯鉗子

300x225 - 抜歯にはXツールという秘密兵器がある

実は歯を抜く前に脱臼させることが重要なのです

脱臼させる道具がヘーベルといいます

ヘーベル

300x225 - 抜歯にはXツールという秘密兵器がある

国産の一般的なヘーベルです

ところがこれだと力がかかり過ぎて

一般的な抜歯だとこれで充分ですが

後でインプラントにする場合は骨を極力残したい

その時は力任せじゃないヘーベルがいるわけです

それがXツール(made in Germany)です

 

Xツール

300x169 - 抜歯にはXツールという秘密兵器がある

最低4種類の先があります

前歯の歯の骨は1㎜も無い場合もあります

無くなればインプラントが難しくなります

 

そんな時細くて脱臼しやすいXツールが便利です

 

細いのですが折れないのです

日本製にも同じように細いのがあるのですが

すぐ折れるのです!!o(´^`)o

 

どうも使っている金属の組成

加工方法が違うようです!

 

 

ここが技術力!!

 

そこで、ふと考えてみると

普通の歯を抜く時使ったら楽じゃないかと

正解でした

 

割れている歯(破折歯)はばっしする時

時々苦労することがあるのですが

 

破折した歯の抜歯

300x169 - 抜歯にはXツールという秘密兵器がある

こんな風に真っ二つに割れた歯を抜歯する時にも便利

上杉先生とXツールの取り合いになるので

たかさき歯科医院では2セット用意して滅菌してあります(^^)

 

高崎真一


Tags: ,
カテゴリー インプラント, 抜歯

日曜日はインプラント研究会で顎関節や神経を取らない治療の勉強

2016-02-22

医学は日進月歩なので、必ず勉強は欠かせません

2月21日は大阪インプラント研究会の例会に参加しました。

大阪インプラント研究会は30年以上の歴史を持っている、インプラントの研究会では一番の老舗です。

ほぼ、日本のインプラントの歴史と一緒に歩んできたような研究会です。

もちろん、数少ない日本インプラント研究会の研修施設になっています。

それで、例会は新しい治療法や新しい研究知見などが披露されます。

 

今回は近畿大学医学部歯科口腔外科の濱田傑教授の顎関節の勉強です。

実は大学の先輩で、この研究会の会員です。

インプラント研究会なのに、なぜ顎関節なのか?

近大教授 濱田

インプラントを埋入する時に咬合(かみ合わせ)とともに、顎の関節の動き外せないからです。人間の顎の動きは、本当にわかりません、いろいろの道具が作られましたが、複雑すぎて、全体をとらえるのは難しいのです。

 

しかも、食べているときより、唾を飲んでいるときの方が良く噛んでいますし、夜、寝ているときの方がはるかによく噛んでいます(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪インプラント研究会では歯を抜いてインプラントをバンバンやるということではなくて、残っている歯を大切にして、どうしようもなくなった欠損に対して、インプラントをするという姿勢なのです。中には数年前には年間140本のインプラントをしていたのですが、歯を残すのを一生懸命したので、今年は4本になりましたというドクターもいます(^^)

 

いかに削る量を少なくして治療をするか?

いかに歯髄(一般に『歯の神経』といわれるもの)を残すか?

こんな研究発表も行われています。

 

そう先ほど今年は4本になったという先生の発表でした(^^)

もちろん一般開業医ですけど、自分で実験もして、論文も読んで発表しているのです。

IMG_3280

 

 

 


カテゴリー インプラント, 学会・研究会

抜歯しにくい歯とライトセーバー

2016-01-12

抜歯しにくい歯は大きな歯とか、根っこが曲がっている歯とかを想像するでしょう。

しかし、本当は歯の歯冠(歯の頭)が無い歯や内部から虫歯になって

内部がモロモロになっている歯の方が難しいのです。

 

時には、歯肉の中に埋まっていたり、炎症を起こして麻酔が効きにくかったり

骨と癒着をして取れにくかったりします。

 

今は昔と違ってあまり抜歯しないので、抜歯する歯は抜きにくいものが多いのです。

 

その時には、ルートチップという道具を使うのです。

日本製のルートチップは30年以上ほとんど同じ、

ステンレスでできていて、力をかけると時々折れます。

しかも、構造上骨を傷つけることが多い。

 

ルートチップ

 

 

 

 

インプラントを勉強していますと、なるべく骨に亀裂や傷をつけ無いような抜歯道具はないかと探していした。

抜歯後インプラントをする時、骨が多い方がいいからです。

すると『Xツール』というドイツ製のものが最高とわかりました。

Xツール価格はルートチップの

3倍!!

どうしよう~!

抜歯後のインプラントがやりやすい。

しかも、形が本当にカッコ良い~!!!

 

思い切って買いました、10年も前の話です。

すると、本当に特殊な合金でできていて、全然折れない。

しかも操作性が良い。

デザインは最高。

密かに使っていました。

 

上杉先生も使ってみて

『Xツール』最強ですね!簡単に難しい抜歯できますね」

そうです、弟子にもばれてしまった。

 

さあ大変、Xツールの取り合い!

 

最近、もう1セット買いました

 

スターウォーズでいうところの、『ライトセーバー』です(^^)

ライトセーバークロス


カテゴリー インプラント, スターウォーズ, 抜歯

スターウォーズ/フォースの覚醒 BB-8とインプラント

2016-01-09

前回に続いてスターウォーズ/フォースの覚醒です。

フォースの覚醒でびっくりしたのが、予告編から気になっていたBB-8

BB-8

 

 

 

 

 

この丸い新ドロイドを見ていると頭と体が分れているのにどうして転がって動くのだろうか??

村田製作所のCMに同じような動きをするロボットが出ていたから、部品は村田製作所製かもしれないですね。

 

映画が上映中なので内容についてはあまりふれられませんが、

R2-D2とBB-8が一緒に並ぶシーンがあるのですが、本当に技術の進歩はすごいな~と感心しました。

R2-D2は自分らでも作れると思いますが、BB-8はどのように作るかわかりません。

R2-and-BB8

 

 

 

 

 

 

 

歯科治療でも同じことがあるのです。

今から30年ぐらい前に母校の九州歯科大学の第二補綴学(主にブリッジやクラウンの研究する学問)の内山教授

「現在、インプラントは補綴学会では認められていません」と言われて、否定的でした。

 

ところが、今では同じ第二補綴学の細川教授インプラントの大御所。

インプラント関係の書籍も多く、インプラントの学術的な講演会でも超人気な講師になっています。

よくインプラントの埋入する方法について教えをいただいております。

 

30年前は否定でも今は全面肯定になっているのも、技術の進歩のおかげです(^^)

院長 高崎真一


カテゴリー インプラント, 映画