歯科技工所 Dental Laboratory

つめ物・かぶせ物・インプラント上部構造製作の「匠」

当院と連携している歯科技工所さんをご紹介します。

歯科技工所という言葉は皆さんにとっては耳慣れないかもしれませんが、「入れ歯」や「詰め物・かぶせ物」などを作成してくれる所です。

当院と連携している「(有)千里デンタルラボラトリー」の代表取締役 浦部哲夫さんの技工に対する思いをご覧ください。主に、「詰め物」「かぶせ物」「インプラント上部構造」の制作をお願いしています。

 

 

(有)千里デンタルラボラトリー 代表取締役 浦部哲夫

 

■たかさき歯科医院との出会いは?

院長先生が奈良医大に在籍していることからの長いお付き合いです。

高崎先生のところからは、主にインプラント関係や審美補綴中心に依頼を受けています。今では先生のクセや考え方を熟知したうえでの作業が行えていますので、かなりクオリティの高い技工物をご提供できていると思います。

 

 

■千里デンタルラボラトリーの特徴を教えてください

設備」「人材」「国内外のネットワーク」の3つが当技工所の強みと考えます。

 

設備

レーザー機器、CAD/CAMなどをはじめ他の技工所さんと比べてかなりの最新機材を導入していると思います。その機材がなければ対応することのできない症例も存在しますので、ドクターや患者様の高い要望に高いクオリティで応えるためには設備投資は欠かせないものと考えます。

 

img01

img02-04

 

人材

今はおかげさまで「口コミ」だけでこの仕事をさせて頂いています。

あまり自分の技工所のことを良く宣伝はしたくないのですが(笑)、口コミでご紹介頂けているということは、ひとえに我々の技術力、対応力に対しての評価と考えています。

 

この世界も徐々にIT化の波が押し寄せてきていますが、いつの時代になっても「人の手」が完全になくなることはありません。特に歯科技工士の仕事は「匠」の作業になりますので、一人一人の「技術力」が基本になくてはなりません。

 

当技工所での人材育成は、基本的に手取り足取り教えることはしていません。

「目で盗め!!」という昔ながらのやり方ですね。

 

正直な話、育成手法としては非効率なやり方ですし、それは重々承知しています。

 

しかし、人間が本当の意味で学ぶ時とは、自分の頭でしっかり考えた時だけです。人から手取り足取り教えられた場合、その教えられた枠の中でしか成長しませんし、更に向上するために「貪欲に学ぶ」という姿勢も身に尽きません。そのようなこともあり、当技工所では敢えて昔ながらのやり方にこだわっています。

 

img05

 

また、才能がない者に、いくら「目で盗め」と言っても酷なだけですので、採用の際、一定よりもかなり高い基準を定め、それに通ったものしか採用していません。

 

少し厳しいようにも感じると思いますが、採用時、そして採用後にも人材のスクリーニングを行い、常に高いレベルの人間が患者様の技工物作成を担当するよう体制を整えています。

 

我々が作っているものは患者様の体の一部になるものですので、決して妥協はできません。

 

国内外のネットワーク

私はこれまで、「製作」という分野だけでなく、その他にも様々な活動をしてきました。

大阪大学や京都大学の研究課で歯科素材や口腔力学の研究をしていたこともありますし、歯科関連のメーカーさんと共同で開発なども行っています。

 

その甲斐もあってか、国内だけでなく、歯科先進国である欧米の情報ネットワークを持つことができ、最新の情報・ノウハウが入ってくるようになっています。

 

最近では歯科材料や技術の革新がかなり早いスパンで行われていますので、よい物を常に患者様に提供し続けるためには、最新の情報を取り入れ、それを理解し、有益なものであればすぐに現場に落とし込む作業が必要となります。

それができる環境・ネットワークを確立していることは、かなり大きな当ラボの強みであると考えます。

 

参考までに、昔、共同発表した論文を下記に示します。

 

論文

CaO-SiO_2-MgO系ガラスの歯冠への応用に関する研究 : 第6報 プレス成形性と色調調整について

福間 正泰 , 堤 定美 , 浦部 哲夫 , 入澤 保 , 伊庭 哲也 , 黒田 宜宏 , 吉原 啓二 , 薮上 雅彦 , 松本 佳久 日本歯科技工学会学術大会 : プログラム : 講演内容抄録 19, 86, 1997-08-02

ディオプサイド結晶化ガラスの歯科修復物への応用に関する研究 : 第2報 プレス成形条件の検討

野浪 亨 , 堤 定美 , 福間 正泰 , 浦部 哲夫

歯科材料・器械 14(4), 387-392, 1995-07-25

ディオプサイド結晶化ガラスの歯科修復物への応用 : 第1報 材料の試作と基礎的検討

野浪 亨 , 堤 定美 , 福間 正泰 , 浦部 哲夫

歯科材料・器械 13(6), 568-574, 1994-11-25

B-9 プレス成型可能な人工歯冠用CaO-SiO_2-MgO系結晶化ガラスに関する基礎的研究 : 第2報 プレス成型機の考案

野浪 亨 , 堤 定美 , 浦部 哲夫 , 福間 正泰

歯科材料・器械. Special issue, 日本歯科理工学会学術講演会講演集 13(特別号24), 152-153, 1994-09-05

B-9 プレス成型可能な人工歯冠用CaO-SiO_2-MgO系結晶化ガラスに関する基礎的研究

野浪 亨 , 堤 定美 , 浦部 哲夫 , 福間 正泰

歯科材料・器械. Special issue, 日本歯科理工学会学術講演会講演集 12(特別号22), 128-129, 1993-08-20

 

 

■患者様にメッセージをお願いします

歯科技工士の仕事とは、機能性・審美性を含め、

天然歯に如何に近づけられるようにするか」です。

 

他の人に「作り物」だとばれてしまうような歯を作ってしまう事は私たちの敗北です。

 

一見、歯は均整がとれているようなイメージが

ありますが、実際は傷があったり、

くぼんでいたり、でこぼこしていたり、色が何色も

入っていたりするのが通常です。

誰も気づかないであろう部分にまで手を加えて、

初めて天然歯のような歯を作ることができるのです。

 

細かい作業であり、患者様には気づいてもらえないこと

もありますが(笑)、それでも我々が出来る事、

そしてしなければならないことを愚直に追求して

いきます。

img06