Cavity / 虫歯治療

「治療した方がいいとわかってはいるけれど・・・、恐怖や緊張で治療を受けることができない・・・。」と歯医者から足が遠のいている方は、まずは、たかさき歯科のリラックス外来にご相談にいらしてください。  院長 高崎 真一

どうしても、「歯医者が苦手!!」という方へどうしても、「歯医者が苦手!!」という方へ

歯医者さんの匂い、雰囲気、「キ~ン」というあの音・・・。

 

それをイメージするだけで、沈んだ気持ちになってしまう方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

私もその一人です(笑)。

それなのになんで歯医者をやっているのと思われた方、対談をご覧ください。

 

また、口の中に器具が入るだけで「吐き気」をもよおしてしまう(嘔吐反射)方もいらっしゃるかと思います。

 

当院では、このような方に対しての治療も積極的に取り組んでおります。

 

具体的には「笑気ガス」という機器を使います。

随分ふざけた名前ですが(笑)、要はこのガスを吸引して頂くことで、何か「ふんわり」した感じになり、緊張感・恐怖感からも解放されます。

笑気ガズ

具体的にどんな感じになるかといいますと、最初、遠くで音が聞こえるようになります。

手足が重たくなったりします。敏感な人は「意識がなくなるのでは!」と心配になりますが、そんな時は口で息をすると元にもどります。しかし、たいがいの人はそのままでいると、ふんわりと落ち着いた感じなります。

 

何でもしてちょうだい!!」という感じ。

緊張感や恐怖感がなくなります。

治療は自分が受けているのはわかるが、

どこか遠くでやっている感じですね。

 

治療中にノドの奥に触っても吐き気は

ありませんので、嘔吐反射もおさえられます。

 

治療が終わった後に、酸素を吸うと、元に戻ります。爽やかな気分です。

院長

 

私が大学の時に、いつも遅刻してくる友人がいたのですが、この笑気ガスの実習の時だけは必ず来ていましたね。あまりに気持ちがいいので(笑)

 

「怖い」ということは決して恥ずかしいことではありません。

当院では初診カウンセリングを行っておりますので、その際に担当者にその旨をお話し下さい。ゆっくり、あなたのペースで治療を進めていきましょう!!

 

 

たかさき歯科医院 院長 高崎真一

たかさき歯科医院
院長 高崎真一

「リラックス外来」は
たかさき歯科医院 院長 高崎真一が書きました

  • 1983年 福岡県立九州歯科大学 卒業
  • 1983年~ 奈良県立医大 口腔外科研修医(研究テーマ:口腔腫瘍と顎関節症)
  • 1987年 大阪食糧保険組合長堀病院 口腔外科医長
  • 1987年 たかさき歯科医院開業
詳しいプロフィールを見る